人気の神社挙式会場7選 福岡編 > 神社で結婚式を挙げる2人が知っておきたいこと

福岡の神社で結婚式を挙げる2人が知っておきたいこと

近年、人気が高まっている神社挙式。日本の伝統的な婚礼スタイルなので、敷居が高いのでは…?という先入観から敬遠されがちでしたが、実は制約が少なく、可愛い衣装も豊富!費用も工夫次第で抑えることができます。

また、厳かな雰囲気が逆に新鮮と、神前式はブームとなっていて、全国平均で18.1%のカップルが神前式を選んでいます。(親ごころゼクシィ「ゼクシィ 結婚トレンド調査2018」より)

このカテゴリでは、そんな注目の神社挙式に関する情報を盛りだくさんで紹介!費用やプランの選び方、衣装の種類や式のマナーについて詳しく紹介します。

神前式までの準備と費用相場

神前式では挙式費用として神社に祭られている神様に収めるお金「初穂料」が必ず発生します。初穂料の金額は神社によって異なりますが、5~10万円が一般 的。高くても20万円くらいなので、結婚式場や教会よりも比較的リーズナブルと言えます。

神前式の初穂料(挙式料)の相場や、初穂料以外にかかる費用、式までの準備についてご紹介します。

神前式の衣装について

新郎新婦それぞれの神前式の衣装を詳しく解説。白無垢・色打掛・振袖・紋付袴など、由来や選ばれる理由についてもそれぞれ紹介しています。

また白無垢に使用されている素材には、正絹(しょうけん)と化学繊維の2つがあります。メリット・デメリットを説明していますので、衣装選びの参考にしてください。

神前式でのマナー

昔ながらの伝統的なスタイルを受け継ぐ神前式。三々九度や玉串奉奠など、神前式ならではの儀式が魅力ですが、独特の所作がたくさんあるため不安に感じる方も多いのではないでしょうか?

神前式の進行にそって、マナーや所作の基本を解説。これを読んで不安を解消しましょう!

神前式の初穂料について

初穂料とは、神社に支払う謝礼金のことで、玉串料とも呼ばれます。 結婚式だけでなく、お宮参り、安産祈願、厄払い、地鎮祭、七五三などの行事を執り行う際に、神社に支払う謝礼金も初穂料と呼ばれます。

福岡で神前式ができる神社の初穂料についてまとめました。初穂料以外にもかかる費用についても記載していますので、ぜひ参考にしてみてください!

神前式プロデュース会社の料金を徹底比較 白無垢は、保湿性・通気性が優れており、着崩れしにくい正絹がおすすめ。正絹の白無垢、紋付き袴、ヘアメイク、着付け・介添え、ヘアアクセサリー、小物一式、写真撮影(150カット)を含んだ料金を、神社婚プロデュース会社に電話調査を行い比較しました。
JUNO 天神本店
JUNO天神本店公式サイト
引用元URL
https://www.juno-dress.jp/jinja/
費用
196,560
ブラなび+
ブラなび+公式サイト
引用元URL
https://bra-navi.com/hall/shrine/
費用
248,400
神社挙式.com
神社挙式.com公式サイト
引用元URL
http://www.jinja-kyoshiki.com/
費用
259,200