人気の神社挙式会場7選 福岡編 > 神社で結婚式を挙げる2人が知っておきたいこと > 神前式の衣装について > 

神前式の衣装について

神前式の魅力といえば、白無垢や色打掛といった艶やかな着物姿!

神前式で着用する着物は、ウエディングドレスと同じように様々な種類があり、柄の意味や季節、道理などが着物のひとつひとつに込められています。自分の好みや、挙式会場の雰囲気に合った素敵な着物を見つけてくださいね。

神前式の衣装の種類

白無垢

花嫁の無垢な純真さを表す純白の白無垢は、武家社会から引き継がれる婚礼の正礼装。打掛から掛下・帯・足袋・小物まですべて白で統一し、角隠し、または綿帽子を被ったスタイルが伝統的です。

現代では色のついた小物を取り入れることで、もっとおしゃれに個性を出したアレンジが人気です。抱え帯・帯締め・帯揚げ・伊達襟・懐剣・末広・筥迫といった小物たちを同色系または2色でまとめ、差し色を入れることでグッとスタイリッシュになります。

色打掛

白無垢と同様に婚礼の正装。掛下の上に色鮮やかな打掛を羽織ります。白無垢よりも歴史が古く、武家の婚礼衣装として使われ、江戸後期から昭和初期までは一般的な花嫁衣装でした。

色は艶やかで花嫁の顔色を明るく見せてくれる、赤色系統が定番。よく使われる柄は、「富貴を表す牡丹」、「長寿の縁起物の鶴」、「忍耐と美の象徴である梅」、「気高さを表す菊」、「蘭・竹・菊・梅の吉祥文様が一緒に描かれた四君子」など。古典柄は流行に流されないとあって、根強い人気があります。

最近は、オーガンジー素材や裾にレースをあしらったものなど、モダンなアレンジを加えたものも人気。挙式は白無垢で、披露宴やパーティーでは色打掛を着用するパターンが多いようです。

引き振袖

未婚の女性の第一礼装と言われる振袖ですが、おはしょり部分をあまりとらず裾を引きずるようにそのままの丈で着用する「引き振袖」も花嫁の衣装として着用されます。角隠し・日本髪・洋髪に変えて披露宴やパーティーで着用するというパターンも人気です。

白無垢や色打掛との大きな違いは、結んだ帯が後ろから見えること。着物は帯の結び方でガラッと印象が変わるので、「上品」「かわいく」「華やか」など自分の好みに合わせてステキな帯結びにしてもらいましょう。大きなリボン風・フリル風など参考の写真を着付け師さんに見せるとスムーズです。

十二単

平安時代に生まれた貴族の正装で、着物の原点とも言える衣装。皇族しか着用しないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、誰でも十二単で結婚式を挙げることができます。

12枚着物を重ねるわけではなく、実際には8枚のレイヤーから成り立っています。しかしながら約20kgとかなりの重さがあり、なかなか移動も大変そうです。

十二単の魅力は季節感を表す色を重ねる、その無限大のカラーコンビネーション。自分らしい色のグラデーションで、お雛様のように優美で特別な結婚式もいいですね。

紋付袴

神前式で新郎が着用する紋付袴は男性の和装第一礼装。挙式のほか、結納や式典などでも着用される衣装です。

最も格式が高く、和婚でよく着られるものは「黒五つ紋付き羽織袴」と呼ばれています。黒い羽織の背中と両胸、両袖の後ろの計5カ所に家紋が入ったデザインです。他にも紋の数が3つ/1つのものや、色もグレー・紺・白などもあるので、花嫁の衣装と合わせて選ぶといいでしょう。

神前式の衣装の素材について 

正絹のメリット・デメリット

「正絹(しょうけん)」とは純粋な絹100%で作られた、高級素材として知られています。肌と同じようなタンパク質でできている素材なので、保湿性・通気性が優れており肌に吸い付くような滑らかな着心地です。色味は少しクリームがかっていて、上品な光沢が特徴。着崩れもしにくいので、長時間の着用にオススメです。

化繊のメリット・デメリット

化繊生地の特徴は黄ばまずに白色が長く続くので、多くの貸衣装屋でも取り扱いがあります。正絹と比べ生地はやや厚く、ごわつきがあります。洗濯機で洗えるメンテナンスのしやすさもあり、リーズナブルな値段でレンタルできます。

通気性は正絹より劣り、長時間着ていると汗で蒸してきます。また体のラインに合わせたしなやかな着付けが難しいという点もあります。

神前式の衣装の刺繍ついて 

相良刺繍の特徴 

和装の婚礼衣装の中でも、ひときわ目立つのはその美しい図柄。打掛や帯などに使われている「相良刺繍」は中国から奈良時代に伝わった技法で、非常に手間と時間がかかります。ふんわりとした丸い玉留めで織りなす模様は、他の刺繍と比べ非常に丈夫で、光沢がなく上品な仕上がりになります。白無垢に施された「相良刺繍」は、生地に立体感も与えてくれ写真写りもよりゴージャスになります。

機械刺繍の特徴

コンピュターに柄をプログラムし、全自動の機械で刺繍を施す「機械刺繍」は、正確に大量生産することができるメリットがあります。手刺繍と比べきつく撚りのかかった細い糸で、生地が生地が見えなくなるまでスキマを埋めるように刺繍していくので、光沢やツヤがあります。使われている糸の量が多いので、手刺繍よりも生地が重くなる傾向があります。

神前式プロデュース会社の料金を徹底比較 白無垢は、保湿性・通気性が優れており、着崩れしにくい正絹がおすすめ。正絹の白無垢、紋付き袴、ヘアメイク、着付け・介添え、ヘアアクセサリー、小物一式、写真撮影(150カット)を含んだ料金を、神社婚プロデュース会社に電話調査を行い比較しました。
JUNO 天神本店
JUNO天神本店公式サイト
引用元URL
https://www.juno-dress.jp/jinja/
費用
196,560
ブラなび+
ブラなび+公式サイト
引用元URL
https://bra-navi.com/hall/shrine/
費用
248,400
神社挙式.com
神社挙式.com公式サイト
引用元URL
http://www.jinja-kyoshiki.com/
費用
259,200