人気の神社挙式会場7選 福岡編 > 神社で結婚式を挙げる2人が知っておきたいこと > 神前式までの準備と費用相場 > 

神前式までの準備と費用相場

結婚式をやるなら日本の伝統的な神前式で!と、思っても挙式費用の目安がどれくらいだかイメージしにくいですよね。

神前式では挙式費用として神社に祭られている神様に収めるお金「初穂料」が必ず発生します。初穂料の金額は神社によって異なりますが、5~10万円が一般 的。高くても20万円くらいなので、結婚式場や教会よりも比較的リーズナブルと言えます。

この他にかかる費用を以下でご紹介したいと思います。

神前式の相場や初穂料以外にかかる費用

白無垢や色打掛などの着物は高価なものですからレンタル代はそれなりの金額がかかります。衣装にあわせるカツラのレンタルやヘアメイク料も意外と高いので、費用を抑えたい場合は洋髪で花飾りを豪華にするのもありです。カツラ代だけでも5万円~10万円くらいのレンタル料がかかるため、最近は洋髪を選ぶ方も増えているようです。

神社挙式の場合、神社や式場によって撮影のルールが異なるため、その挙式会場に慣れた提携業者でないと頼めない場合も多く一般的な結婚式よりも割高になることもあるようです。費用は業者によって開きがあるので、事前によく確認しておきましょう。

挙式後に披露宴や食事会を考えている場合は、神社からの移動代がかかります。神社から近い会場なら交通費はさほどかかりませんが、離れていればその分コストはかさみます。ゲストの車を手配しなければならない場合もあるため、式場の移動距離も考慮しておきましょう。

神社によっては、神社の中を新郎新婦・親族で歩く「参進の儀」に費用が発生する所もあります。参進の費用は神社により異なりますが、3万円程度が一般的のようです。

神前式までに準備すること

挙式会場を決めたら具体的な準備を始めましょう。一般的に、約半年前くらいに衣装の打ち合わせが始まります。その後は、来賓のリストを作成し、約3ヶ月前に招待状を郵送します。

結婚指輪を交換する場合は、挙式までに用意しておきましょう。挙式後に披露宴を予定している場合は、披露宴の準備も必要になります。披露宴用のドレス・装花・BGM・演出・食事などは遅くても2ヶ月前に決めなくてはなりません。

神前式プロデュース会社の料金を徹底比較 白無垢は、保湿性・通気性が優れており、着崩れしにくい正絹がおすすめ。正絹の白無垢、紋付き袴、ヘアメイク、着付け・介添え、ヘアアクセサリー、小物一式、写真撮影(150カット)を含んだ料金を、神社婚プロデュース会社に電話調査を行い比較しました。
JUNO 天神本店
JUNO天神本店公式サイト
引用元URL
https://www.juno-dress.jp/jinja/
費用
196,560
ブラなび+
ブラなび+公式サイト
引用元URL
https://bra-navi.com/hall/shrine/
費用
248,400
神社挙式.com
神社挙式.com公式サイト
引用元URL
http://www.jinja-kyoshiki.com/
費用
259,200